ダイエットは体重を落とすことではない

ダイエット

いきなり衝撃のタイトルですがこれはかなり勘違いしている人が多いとおもいます。

体重は確かに指標にはなりますが、気にし過ぎてはいけません。

皆さんはダイエットしてどんな風になりたいですか?その本質をよく考えてみると必要な情報はもっと他にあることに気づけるとおもいます。

大事なのは見た目

結論大事なのは見た目そうではないですか?

特例を除き、基本ダイエットしている人は見た目をかっこよくしたい美しくなりたい。そうではないでしょうか?

つまりいくら体重を減らしたとしても見た目が美しくならなければ全く意味がないのです。

なぜ体重を気にしない方がいいのか

ではなぜ体重を気にしない方がいいのかそれは主に2つ理由があります。

1つ目は体重が1日に1〜3キロ程度変化することです。

これは前日の食事が胃に残っていたり、水分量などによってかなり変化するのです。なので朝から晩まで何も食べなければその日だけで2キロ落ちたりもします。しかしそれは2キロ落ちたのではなく前日の食事が消化され吸収されたということです。

勘違いしやすい状態なので気をつけてください。

2つ目の理由は筋肉は脂肪より重いということです。

ダイエットしているときに筋トレをして基礎代謝をあげて痩せようとする人が多いとおもいます。

ある程度トレーニングをしてくると体重は減らないことがあります。むしろ増えることも。しかしそれはダイエットに失敗している訳ではありません。

以上の理由から体重ばかりに目が行き過ぎると勘違いが起きやすいのです!

敵は体脂肪!!

それでは何を気にするべきなのでしょう?それは体脂肪です。 体脂肪と体重は違います。

この体脂肪は男性なら10%程度、女性なら20%を目指して落としていきましょう。

健康的に落とす方法は別の記事に紹介しています。ぜひ参照してください。

正しい糖質制限ダイエット

その際にお勧めの食事も少々紹介してます。

ダイエットでお勧めの食事

まとめ

今回は世間で勘違いされている部分について触れていきました。見る場所を変えるだけで目標が明確になります。常に鏡と睨めっこしながら

ぜひかっこよくそして美しくなりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました